きた~!新築家屋(固定資産税)調査・・・

お盆過ぎに、富士市役所から一通の封筒が・・・
とうとうきました固定資産税の算出するための調査通知。
次から次へと税金ばかりで嫌ですが、日本に住んでいる以上は避けて通れない道ですので仕方ありませんね。

そして本日8月23日(金)が調査日です。

事前に用意する書類は
・建築確認申請(控)
・工事請負契約書または見積もり書
・印鑑(認印OK)
・認定通知書(長期優良住宅)のコピー
です。

久しぶりに見る書類で準備に戸惑いましたが無事に揃いました。
いろいろと調査されるのでしょうね。

時間は75分もかかるそうです。

午前9:30に時間通りに2人できました。
まず、書類を確認して1人が図面を手書きで描写しています。

も1人が固定資産税について説明です。

富士市では固定資産税の他に都市計画税というものがあり富士市の住宅はほぼこの都市計画税を納めることになるそうです。
建物評価額×0.3%ですから大きいですね。
ちなみに固定資産税は建物評価額×1.4%です。

建物評価額は3年ごとに見直され次は平成27年に評価見直しがあるそうです。
最終的に建物評価額の20%まで下がり0になることはないので毎年建物の固定資産税は支払うことになります。

◆調査対象
屋根・基礎・外壁・柱・造作・内壁・天井・床・建具
その他工事(庇・出窓・階段等)
設備(電気・ガス・給排水・衛星等)

◆調査対象外
・カーテン・家電・テーブル・門塀・庭・カーポート。造り付け以外の家具類

注意点、屋外倉庫を今後設置する場合にコンクリートのべた基礎の倉庫だと調査対象になるらしいです。ブロック塀の上に置いてある倉庫などは対象外らしいです。

長期優良住宅ですので割引期間が3年から5年に延長になります。
赤丸のところがワタゾー家の適用されるところです。120㎡までしか適用されないのですね。

調査時間は50分でした。予定よりも25分短縮です。その分税金が減ればいいのですが・・・

各都道府県・市町村によっても違うと思いますがこれから毎年お付き合いしていく税金達です。少しでも少ないことを祈って納付金額を待ちます(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>