なぜ新築しようと思ったか?

最初に結論からいいますと

  1. 息子が自分の秘密基地(部屋)を欲しがった。
  2. 妻が自分の教室を欲しがった。
  3. 私の専用の仕事スペースが必要になった。

以上が主な理由です。

1.昨年2011年11月29日(火)17:00過ぎに当時8歳小学2年生の息子が友達の家から帰ってきました。
『ただいま~』と言ってそのまま私の所へ一直線。顔がいつになく真剣モードで
『父ちゃん、俺も自分の部屋が欲しい!』といつになく強い口調で言ってきました。
私が『どうした急に!?』と言いながらも、心の中では(とうとうこの時が来たか・・・)と
つぶやいていました。

息子の言い分は
・遊んでいる友達のほとんどが持ち家で、自分の部屋があり、そこでみんなで遊ぶ。
・お気に入りの遊び道具がたくさんあり、楽しく過ごせる。
・『ここが俺の部屋だぜ!』と早く俺も言いたい
・○○くんの部屋にはロフトがあり秘密基地みたいで俺も欲しい・・・
との事です。

最後のロフトは『珍しいんだなぁ~』と思って聞いてました。他の言い分は良く解ります。
当然その話を聞いていた娘も『私も自分の部屋が欲しい』という自然の流れになり、その奥にいた妻もニヤニヤと話に入ってきました。嫌な予感。。。
妻が『そろそろ家建てないとタイミングがなくなる!』
これまた、息子以上に真剣モード。

2.実は妻はシュガークラフトやアイシングクッキーの講師をいろいろなところでやっています。

シュガークラフト

シュガークラフト・ハッピーウェディング

知り合いのブリザートフラワーの先生・フルーツデコの先生の教室を借りたり、コラボでやったりと。

ママサークルからの依頼で公民館などを借りてやることも多々あります。その度に皆さんに言われるのが
『自分の教室はないの!?』
『販売はしないのですか?』
と言われるそうです。
妻もホントは『私の教室はここです!よろしくお願いします♪』と言いたいらしいですが
『私個人の教室はまだないんです・・・』と言っているらしいです。

アイシングクッキー

アイシングクッキー・ハッピーウェディング

また、販売はアイシングクッキーなどは保健所の許可がないと販売できないので無理なのです。
販売にあたり一番の問題が住宅用のキッチン以外に教室用のキッチン設備がないとダメということです。
そこで
・アパートのリビングを教室に
・安い借家かアパートを借りて教室に
・実家(妻)が近いから開いている部屋でやろうか
などなど検討しましたがどれも設備的・経済的・金銭的な問題で無理でした。

という経緯があり『私の教室も作りたい!この際、保健所の許可を取り販売もしたい!』
とこちらも本気モード。

3.私は自営業で主にパソコンを使った仕事をしております。
最初はパソコン1台で仕事をしていたのですが、1台から2台になりモニターも2台へ。当然アパートの一部屋がすべて私の仕事部屋と言うわけでないので狭くなってきました。仕事関連の書籍も増えるなど。
それに加えて子供用品が次から次へ私の仕事をしている部屋に流れてくる状態です。

仕事の部屋には

  1. 衣類用のタンス
  2. クローゼット
  3. ドレッサー
  4. 子供服の収納ケース多数
  5. 仕事用机・椅子
  6. PC2台・モニター2台(21・23インチ)
  7. プリンター1台

という状態です。

ものすごい圧迫感の中の作業で少々ストレスが溜まります。
仕事に集中したい。仕事専用の落ち着いた部屋が欲しいという思いがだいぶ強くなってきた11月末でした。

そんな家族の思いが長男の一言で合致してマイホームに対する思いが一気に溢れだした夜でした。。。
こんな感じでスタートした我が家の新築計画。

私の頭の中ではすぐにハウスメーカー・工務店さんも決まって2012年の5月頃には完成するだろうと安易に考えていました。
また、妻の教室作りが後にいろいろな面で大変なことになるとは、この時は思ってもいませんでした。

記事内容が参考になりましたら応援をお願いします。↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

一戸建て ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>