トータルデザインノートを活用しよう

三井ホームさんと契約時に頂ける『Total Design Note』というオシャレなノートを頂きます。

トータルデザインノート

トータルデザインノート

これはこれからの家づくりに非常に役立ちます。欲を言えば一番初めに頂きたいくらい参考になる物です。どこかに売っていればいいのですが本気で思います。

例えば、新居にもっていく家具・家電リストの寸法など。これはワタゾーは事前にエクセルでまとめて契約前のプラン作成時から伝えてありました。といっても家具はほとんど持っていかない予定です。テレビとDVDレコーダーと教室用の冷蔵庫くらいですね。もし、奥様の嫁入り家具やお子さんのピアノ・自家用車のサイズなどありましたら必ず伝えておいた方がいいですね。

高さを表す図面記号は要チェック

平面図にはいろいろな記号がありますが、まずワタゾー家では高さの図面記号をしっかりと把握しました。

建物高さの図面上の表記

建物高さの図面上の表記

  1. GL=地盤面、地表の位置を表します。
  2. 1FL・2FL=各々1階床面、2階床面を表します。
  3. CH=床面から天井仕上げまでの高さを表しております。
  4. RH*=床面から構造躯体開口部上端までの高さを表しています。
  5. ROH*=構造躯体開口部n上下寸法を表しています。
  6. Rh*=床面から構造躯体開口部の下端までの高さ(サッシのまたぎ寸法など)を表しております。
  7. 軒高=地盤面から建物の小屋組を支持する壁の上端までの高さを表しています。

*実際のサッシの開口寸法とは異なります。

ここで一番意識したのはCHという記号です。三井ホームは1Fは2.6m天井が基本ですが。下り天井(基準より低い天井CH=2400)や下り壁(廊下の途中などで、天井からの梁を必要とする下がり壁は点線で表しています。これはしっかりチェックした方がいいです。特に全館空調を採用するお方は空調の配管経路で下がる分などが生じますので。また、吹抜け、大空間なLDKなどの間取りは構造上の問題で梁などがどうしても出てくるのでしっかり把握してここは、営業さんでなく、設計士さんに相談しましょう。

下がり天井・下がり壁

下がり天井・下がり壁

サッシの記号もインプット

平面図を見てこの部屋のサッシは『ダブルハング』『すべり出し』『引き違い』『Fix(フックス)』という言葉が良く出てきますが、言葉と記号とイメージがまず一致しません。三井ホームのトータルデザインノートで記号の見方をまず覚えると『ここはこのサッシかぁ~』『ここはこっちの方がいいなぁ~』とか自分から設計士さんに提案、相談できるのでいいです。逆にそういう意見をどんどん言ってもらった方が助かるみたいです。まずは記号の見かたを覚えましょう。

サッシの記号表記

サッシの記号表記

  1. Y=枠の種類(Y=四方枠・ZY=膳板)
  2. VAH-1613=VAHはサッシの種類・1613の前の16は開口サイズ(W)・後ろの13は高さ(H)単位はメートルです。
  3. ISC=ガラスの種類

細かく解説すると

サッシの種類
VHA・引き違い:テラスやバルコニーの出入りに使用。アパートのベランダに出るところによくついているサッシ。
VAD・ダブルハングサッシ:窓を上下にスライドさせて開閉するタイプです。デザイン性に優れている。
VAY、VAS-S・すべりだしサッシ・:窓が開けた時に下に向くタイプです。外から覗かれる心配がなく、トイレ・洗面所などに使用。
FIX(フィックス):開閉不可能な窓。採光用に使われます。
VAT・たてすべりだしサッシ:デザイン性に優れた縦型の窓。網戸は内側に着きます。
VAN・内倒しサッシ:窓の上側が倒れてくるタイプです。これも覗かれる心配がなくトイレ、洗面所用に良く使われます。

引き違い・ダブルハング・すべり出しサッシ

引き違い・ダブルハング・すべり出しサッシ


FIX・たてすべり・内倒しサッシ

FIX・たてすべり・内倒しサッシ

ガラスの種類
ISC・ISCT:透明ガラスで外の様子が見えるガラスです。Tは防犯ガラス用。
ISO・ISOT:型板ガラスで外から室内を見通すことを防ぎます。採光を和らげる効果もあります。Tは防犯用ガラス。

この記号を重点的に間取り打合せの前に勉強しました。妻もこれは平面図を見てわからなっかところですので自然とトータルデザインノートで覚えたみたいです。この2点を理解しておくと凄く打合せが充実した時間になると感じました。ワタゾーのオススメのポイントです。

いつも応援ありがとうございます。あたなのワン・クリックが更新の励みになります。↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

一戸建て ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>