カーテンのコストを下げる方法

ここでワタゾーがインテリアコーディネーターのIさんからアドバイス頂いた同じ素材のカーテンでもコストを抑える方法をご紹介します。まずは画像からどうぞ↓

フラット

フラット


一つ山

一つ山


二つ山

二つ山


三つ山

三つ山


ギャザー

ギャザー

ポイントは裾の折り目の数です。折り目が多いほど『生地を多く使います!』お好みもありますが、最近はフラットの方も多いということです。確かに三つ山とかは高級そうに見えるのでお客様や人に見られるリビングなどには使いたいですよね。

逆に寝室や子供部屋などはフラットや一つおりなどでも十分ではないでしょうか?『たいして変わらないのでは?』と思うかもしれませんが・・・全然違います。ワタゾー達もこれを参考に約4万円コストダウンに成功しました。意外と妻はフラットが好きみたいです。

後は、強い日差しが当たらない所であればレースだけとかにしてもいいと思います。実際にワタゾー家の中庭に面している窓にはレースだけというものあります。意外とオシャレでいいと思います。しかし、あまりデザインに凝り過ぎると高くなるので要注意です。

ご参考になれば幸いです。

カーテンは施主支給品について

少しでも金額を下げるということでこれを考える方も多いと思います。ワタゾー達も考えました。しかし、カーテンの数の多さやブラインドもあるし、取付なんて出来ないかなと。また、どんなカーテンやブラインドがあるというのも正直解りませんしね。プロの力を借りた方がいいと思いました。だってセンスいいですし。すでに信頼関係が気づけていますし。担当営業さんより打合せ時間長いし。などなど。

段ボールやその他のごみの処理など考えれば、時間を買うではないですが費用対効果は高いかなと。何よりきっちり寸法の合った物。自分が納得して選んだカーテンがつく。愛着が湧く。毎日、目にして触れるものですので。特に女性にとっては大切な事かなと今回思いました。

記事内容がご参考になりましたら応援をお願いします。↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

一戸建て ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>