照明・ステンドグラス追加変更工事受注書

平成24年9月13日

本日照明とステンドグラスの追加変更工事受注書が届きました。

照明・ステンドグラス追加変更工事受注書

照明・ステンドグラス追加変更工事受注書

インテリア工事費
照明:777,000円
ステンドグラス:240,450円
合計:1,017,450円
※契約時の予算どり50万円。よって+51万7450円なり!

一般的に照明は営業マンさんにもよりますが延床あたり1坪1万円で予算どりするみたいです。しかし、ここは施工床面積の坪数で予算どりするべきだと思います。特に吹き抜けのあるお宅は取り付ける場所など限られるし、数も増えるので注意です。また、最近はキッチンダイニングにレールで付けるタイプの物も多いのです。ゆえに三井ホームさんで照明から取付まで考えると

予算どり
施工床面積×1.2万円で考えた方がいいです。

三井さんの1Fの天井は標準で2.6mで高いですし、ツーバイフォー2×4工法で間仕切りなしで各部屋が繋がるので光がこもらないのです。そういう間取り設計にしたワタゾーたちが悪いと言えば悪いのですが。上記の事から予算は施工床面積×1.2万円で余裕を見ておいた方がいいと思います。減る分は大いに結構ですので。

ステンドグラスをつけちゃった

当初は玄関の丸窓はコレでした。↓

契約時の丸窓

契約時の丸窓

単色のカラーを選べるのでそれで十分と言うことでした。80cmの丸窓付くし。しかし、三井ホーム契約後で心に余裕が出来た2回目訪問。そう5月20日のTVKハウジングプラザ横浜のロンディーノの影響が強かったのでしょうね。この日は天気もすごく良くて最高に輝いてましたステンドグラス。デザインやガラスの打合せなんてしてしまうと欲しくなります。しかも名字の頭文字のデザイン『世界でひ~とつだけのステンド♪』と口ずさみたくなる感覚。つけちゃいました。

デザイン=K

デザイン=K

7月の打合せ時、普通なら女性が『付けたい!』となると思いますが、今回は夫婦で『付けようぜ!』と。インテリアコーディネーターのIさんと大盛り上がりでデザイン・色合わせ。横で営業ONさんは唖然としてましたが。

照明代金を少なくする方法は

三井ホームさんに怒られるかもしれませんが

  1. ICさんと打合せ後、似たデザインを施主支給品とする。
  2. LEDを多く使わない。
  3. 取付を自分でやる。

施主支給品で行く場合は、取付が意外と大変です。特に吹抜けなどある場合は。得意な人はイイですが。ほとんどの人は得意ではありませんよね。場合によっては電気工事士の資格が必要ですし。工事監督や大工さん、電気屋さんと仲良くなり付けるなんてこともいいのかもしれませんね。

また、DIYなどで自分でオリジナルの物を作成できる人はその方が安くていいものが出来るかもしれませんね。そういう方は取付も自分で出来るはずですし。何より愛着が湧くと思います。

ワタゾーは、器用ではないですし、選ぶセンスもありません。Iさんにピックアップして頂いた照明を一つ一つ時間をかけて確認して決めたので後悔はありません。むしろしっかり時間をかけたので生活が始まったら『愛着が湧く』と思います。大切にしたいですね。

いつも応援ありがとうございます。あたなのワン・クリックが更新の励みになります。↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

一戸建て ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>