ロンディーノプラン見積もり提出

平成24年4月28日(土)17:00~20:00・3時間

先週からハウスメーカーさん・工務店さん含めて含めて7社ほどの最終プレゼンを受けております。本日は三井ホームさんです。午前中にも1社、最終プレゼンを受けてきました。本日2社目。今週はまさにこんな感じです。

それでは見ていきましょう!

24日の改善点からチェック

改善後1F平面図

改善後1F平面図


改善後2F平面図

改善後2F平面図


改善後ロフト平面図

改善後ロフト平面図

  1. 約3帖からなる高さ250㎜のスキップ・キッズフロア設置。
  2. 子供部屋のロフト廃止。
  3. 寝室の上に4帖のロフト。
  4. 洗面ボールをツーボールへ。
  5. プチ・リュクスの床を170㎜下げてこもり感・囲まれ感演出。
  6. ダイニングをフローリングに。

1つ目からここは妻は気に入ったみたいです。子供が集まり、中庭を見ながらの勉強。夜は自分がアイロンなどの家事スペースに。250㎜のこ上がり感が独立感を出しているのもいいみたいです。簡単な収納スペースもありますし。ワタゾーは中庭が4.5帖ほどになり狭すぎないか?小上がりにすることにより逆にDKの空間が狭く感じないか?と感じました。(※最悪、ここは後からなくしてもコスト的には下がるとは思いましたが。)

2.はロフトがなくなりスッキリです。スロープシーリングだけの方が気持ちいはずですし。ただ、子供的には自分の部屋に秘密基地が欲しかったみたいで怒ってましたが。それよりも、将来的にはロフトは収納スペースで考えているので、子供部屋にあると今後、思春期などは誰でも気軽にロフトへ行けないという問題が生じるので廃止。

3.ワタゾー家ではホールからのアプローチでロフトに行ける寝室上を採用しました。また、ホールとの一体感も生まれて子供部屋⇔ホールと連動して広い空間で兄弟・友達と遊んで欲しいという親の願い・思いもあります。(※ホントは固定階段が良かったですがコスト面とスペースが厳しいので固定ハシゴです。)

4.妻がツーボールを見た瞬間・・・決定。絶対必要だとここは頑固です。早速、ONさんに一つはシャワー水洗でと指示を出していました。(ワタゾーからすると姉妹でもないのに必要かな?という疑問はありますが、押し切られましたハイ。)

5.ここは完全に妻とONさんの話。予算的にはOKらしくシュシュのプチ・リュクスにあこがれがあるようですね。(※最近はシュシュモデル大人気ですしね・・・)

6.食事はずっとカウンターテーブルで十分と言っていました。しかし24日のONさんがアパートに来て『ワタゾーさん宅はカウンターで食事よりも、テーブルで食事の方がいいと思いますよと』とのアドバイス。加えて妻の友達も『食事用のカウンターテーブルは作ったが今は飾棚・結局ダイニングテーブル買ってそこで食べている。』ということも聞いていました。考えてみればずっと子供もダイニングテーブルで食事するスタイルでしたので。和室も良かったですがここはフローリングに。

妻は概ね満足な感じです。ではここから本題の見積もりです。

広さ的にはファーストプランの時と2坪ほど広くなりました。ただし、中庭などの関係上、基礎工事が多少増える。タワーの関係上屋根のかけ方が少し複雑になる。という点もあり三井ホームさんの今までの3つのプランの中では一番高額な見積もり金額です。(※3つのプランとも全館空調と太陽光発電は込です。)

しかし、外観・間取り・ワタゾー家の要望・ライフスタイルには一番あっています。ONさんもキャンペーンなどいろいろ駆使してくれたりして最終的に我々の希望通りの予算になりました。(※キャンペーンはほぼ毎月ありますので)

24日の時に大筋の資金計画という物を頂いておりましたのでわかっていましたが。それでは契約かと言う前に本日のワタゾーの出番です。今までは妻の横で『フンフン』聞いていました。今度は私の金額・予算的な要望です。

『塔・タワーのR壁をこの中でやって欲しい』と言うものです。ココが四角とR壁ではイメージ違うので。ONさんもかなりの金額ですが一度席をはずしてから数分後に戻り笑顔でOKと言うことでした。明日29日(日)大安に契約しましょうといことで三井ホームさんに決まりました。17:00に富士展示場にて約束し本日は終了です。

立面図

立面図

記事内容がご参考になりましたら応援をお願いします。↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

一戸建て ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>