三島市清住オープンハウス

平成24年3月23日(金)14:00~15:00・1時間

最初に来たのは『リビング・スタディーコーナー吹抜けプラン』に近い吹抜けがある『清住オープンハウス』

清住オープンハウス

清住オープンハウス

  1. 敷地面積:194.98㎡(58.98坪)
  2. 延床面積:154.53㎡(46.74坪)
  3. 建築面積:84.98㎡(25.70坪)
  4. 1F床面積:81.25㎡(24.57坪)
  5. 2F床面積:73.28㎡(22.16坪)
  6. 小屋裏・ロフト:㎡(1.8坪)

ご主人さん・奥さん・お子さん2人の4人家族です。

到着して車を降りるとまず出迎えてくれるのは、玄関とその周りのゲートを覆う天然石です。天気は雨でしたが圧倒されます。ちなみに三井ホームさんの打合せは毎回ほぼ雨ばかりです。ワタゾーかOさんが雨男なのですかね・・・

アクセントタイルは圧巻です

◆外観◆
圧倒的な天然石(アクセント)でホワイトの外壁が際立つ
大きな丸窓が魅力的

インテリアがクリア感・清潔感がある

清住オープンハウス1F平面図

清住オープンハウス1F平面図

◆1F◆
シューズクロークが今まで見た中で一番洗練されています。雨でしたが丸窓からの光で明るいです。
リビングに入ってまず目を引くのが、テレビの後ろのエコカラットがキレイな凹凸感を出していてキレイでした。
28.3帖のLDKは大空間です。
洗面室に洗濯機を置きたくないという施主さんのこだわり。
洗面室は清潔感あふれるクリア調な内装で洗濯機を置きたくないのもうなづけます。
リビングと洋室と繋がる6帖ほどテラス(中庭)は晴れた日は気持ちいい空間でしょうね。今日は雨で残念です。
キッチン横の壁を挟んだパントリー(収納)には妻は『これだと来客者から見えなくていい』と絶賛。
そしてお目当ての吹抜け3帖ほどですが2Fホールと繋がりがあり解放感があります。

吹き抜けによる空間の繋がりは気持ち良さそう

清住オープンハウス2F平面図

清住オープンハウス2F平面図


清住オープンハウス・小屋裏ロフト

清住オープンハウス・小屋裏ロフト

◆2F◆
ホールは富士展示場くらいある6帖ほど。やはりこのくらい広いとさすがにいいです。
子供部屋の洋室1.2もかわいいクロスで施主さんの奥さまのこだわりが伝わってきます。子供部屋のスロープシーリングはやはりいいですね。我が家の子供たちも高い天井が気に入っているみたいです。現在は13.2帖ほどの大空間です。後々仕切る予定だそうです。
ホールから見降ろすテラス(中庭)は気持ちよさそうです。天気が良ければ・・・
寝室からロフトの階段下も上手に収納スペースに利用しています。
ロスト
4帖です。寝室階段からロフトに行く時に気をつけないと天井に頭にぶつかります。
ここのお宅は全館空調がロフト横の天井スペースにあり点検口がありました。

一番見たかった吹抜けは雨にも関わらず、予想以上に採光がとれていて良かったです。やはり自然採光はいいと感じました。2Fホールからの繋がりもありいいですね。

ワタゾー家のプランに置き換えてみるとロフトまで繋がっているのでかなりの高低差があるなと感じました。実際に2Fからでも結構高いと感じたので。

さらに設備面ではエネファーム家庭用燃料電池と太陽光発電もあるのでW発電です。これはすごいと思いました。残念ながらエネファームは運転していなかったので発電量などは見れませんでした。

ロフトへの階段は屋根の形状などを考慮して考えないといけないと思いました。ここはそれぞれ施主さんの使い用途があると思いますが、ワタゾーと息子・娘は秘密基地で遊べる空間にしたいので入口付近は広い方がいいと。その方が将来的に収納スペースになるにせよ荷物の出し入れが楽ですね。いろいろと自分の感覚で体験できていいです。オープンハウスとして提供してくださる施主さんに感謝です。ありがとうございます。次は沼津市大岡の物件に行きます。

いつも応援ありがとうございます。あたなのワン・クリックが更新の励みになります。↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

一戸建て ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>