19種のクロス達をご紹介

本日はインテリアコーディネーターのIさんと妻が時間をかけて選んだクロスを画像満載でお届けします。かなり時間をかけた部分です。それではいってみましょう。まずは2Fから。

書斎

ワークルーム

ここはワタゾーの書斎・ワークルームです。緑を基調としております。3連Fixサッシ面にアクセントとして濃い緑を持ってきております。Iさんのアドバイスで『西面に縦でなく横ラインでアクセントクロスをいれてみてはどうですか?』と言うことです。即そうしましょうと!なりました。

ワタゾーの子供時代の部屋が薄緑の珪藻土・塗り壁でした。その影響か白よりも緑系の空間の方が集中できるのでこのような感じになりました。

後はカーペットとブラインドが入れば完璧です。

ロスト

小屋裏スペース

小屋裏・ロフト空間です。ここは6帖スペースです。白いクロスでまとめております。

寝室

寝室

寝室です。最初は木目調っぽい感じの雰囲気にする予定でしたが妻が『黒を使いたい』と言うことで壁・天井ともにガラリと変更。結果この方が良かったです。わかりにくいですが壁のクロスの模様が光に反射して意外とキレイなんです。

2F花柄

2F花柄トイレ

2Fトイレの1面に花柄アクセントクロス。かなりのインパクトです。扉は開けっぱなしでもいいかもという感じです。

息子の部屋

お兄ちゃんの部屋

息子の部屋です。ブルーが好きなので2色使っています。スロープシーリングなので足場を組んでの作業です。梁のところも薄いブルーで仕上げていただいて息子も大喜びです。正直、書斎より全然カッコいいです・・・

娘の部屋

妹の部屋

娘の部屋です。ここは富士モデルの子供部屋のイメージです。わかりにくいですがピンク系のストライプ柄と水玉柄の2種類を使っております。紫を入れて欲しいという娘の希望。カーテンに濃い紫を使う予定です。

これより1Fです。

リビング

リビング・ダイニング空間

リビングドアからの撮影です。フローリングのワックスがまだの状態の時です。LDKと和室が一体になる間取りになっております。西側のR壁もポイントになっております。

テレビ台用の壁

リビングアクセントクロス

階段側のテレビ台を置く予定のところです。収納を1つだけにしてアクセントクロスのブルーを広めにしても良かったかなとも思いますが、これは住んでみてからでないと解りませんね。

このブルーのクロスは光に反射するのでキレイなんです。妻の『1Fは白と紺を基調に』ということでIさんに選んでいただきました。

和室

和室はロンディーノ風に

4.5帖の和室です。このクロスはTVKハウジングプラザ横浜にあるロンディーノの和室のクロスと同じものを使用しました。本当は白木の部分も黒く塗装したかったのですが予算の関係上見送りに。しかし、白木でもいい感じで満足です。

パントリー

パントリーはむらさきで

パントリー内部も三井ホームMシリーズの中から妻の好きな紫を選択して使用しています。紫はどこかにどうしても使用したかったらしいです。意外とオシャレ空間と言う感じです。

サニタリー

黒い花柄

ここはサニタリーに使用している黒い花柄のクロスです。通常ここは皆さんタイルを使用すると思いますが、あえてクロスを使用しその上からガラスで覆い仕上げています。妻のこだわりです。好きな黒を使用。

1Fトイレ

オシャレ空間

1Fトイレです。サッシを基準に下を薄いブルー・上をホワイトにしてあります。両方Mシリーズです。この空間にはまだこだわりがあるのですがそれは内覧会の時にご紹介します。照明もこんなにオシャレだったのねと今頃気づくワタゾーです・・・

プチリュクスは最高

シュガークラフト教室

シュガークラフト教室

シュガークラフト教室です。床は大理石調の柄のフローリングを使用しております。全体的に白くまとめたいと言う理由でキッチンも白に。こちらはタイルを使用しております。油料理とかはしないので。

ただでさえ広いのですが白基調と言うことでより一層広く感じます。

シュシュ・プチリュクス

私のプチリュクス

妻のお気に入りの三井ホームシュシュ風のプチリュクス空間2.4帖の再現です。下がり天井に床はフロアタイルを使用。クロスは花柄が好きと言うことでこのクロスに。なぜかシュシュのプチリュクスにないシャンデリアが・・・

後日、娘が見に来て『ママ自分だけズル~イ』となりました。まぁ~そうなりますね(笑い)妻はこの空間をどうしても作りたかったようです。1人記念撮影しながら終始ニヤニヤ笑顔でした。

とこんな感じです。妻のわがままに嫌な顔をするどころか積極的に対応してくれたインテリアコーディネーターのIさんに感謝です。ありがとうございます。

三井ホームで新築される皆さん(女性陣)は内装や造作などの打合せをしている時は楽しくてしょうがないと言う感じなのでしょうね。横で見ていて、そう感じました。これから打合せの方はインテリアコーディネーターさんと思い切り大胆に打合せしてみてください。三井ホームならそれに応えてくれるでしょう。最後に旦那さんが首を縦に振ればいいだけですので(笑)

いつも応援ありがとうございます。あたなのワン・クリックが更新の励みになります。↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

一戸建て ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

19種のクロス達をご紹介” への3件のコメント

  1. はじめまして。「アクセントクロス」で検索してこちらの記事にたどり着きました。
    リビングのブルーのクロスはどちらのものか、よろしければ品番を教えていただけませんか?
    リビングのテレビの裏側を紺色にしたいのですが、暗くなりすぎないか少々不安です。こちら光を反射するとのこと、とても気になります。宜しくお願いします。

    • 内田様、コメントありがとうございます。

      ご連絡が遅くなり大変申し訳ございません。
      リビングの紺色のアクセントクロスですが
      リリカラのLL1796になります。

      ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>