上棟打合せ及び変更内容

平成24年10月13日(土)14:00~15:30・1時間半

三井ホームの工事監督Eさん・ビルダーの安信ホームのSさん・設計士Wさん・インテリアコーディネーターIさん・空調・電気・水道・ガスのそれぞれの代表者さんと一緒に各部屋を回っていきます。

テレビドラマでよく見る大学病院の『○○教授による回診です。』みたいにワタゾーと工事監督Eさん先頭にみなさんが付いて回ってくる感じした。ちょっと気分良かった感じです。では打合せ内容です。

1F確認・変更箇所

◆玄関・シューズクローク
1.変更なし(BS気密土台スペーサーの隙間を埋めているスポンジは玄関に床下の冷気を入れないため。気密性アップ。)
玄関BSスペーサースポンジ

玄関BSスペーサースポンジ

◆リビング
1.床暖リモコンは西側3H照明スイッチの高さに合わせて取り付け(床仕上げより1,200㎜)
2. テレビ用のコンセントは離していたが、近くに2つ並べる。この方が後々、使いやすいと言うアドバイスを頂きました。もう何十件も見ているし、お客様から実際に聞いていると言うことです。ここは、そんなに機器に対してのこだわりはないのでそうしました。
リビング床暖リモコン位置

リビング床暖リモコン位置

◆和室
1.床暖リモコンは和室東側3H照明スイッチの高さに合わせる。
和室床暖リモコン位置

和室床暖リモコン位置

◆ダイニング
1.北側カウンターの下にH=250㎜の高さに連動換気
2.太陽光発電コンデンサーは現状通りガス衣類乾燥機の上くらい。内部ダイニング床からH=1600~1700㎜
3.冷蔵庫用コンセントの横のコンセントは自立コンセント(通常時は使用不可)
太陽光発電表示ユニット・全館空調リモコン・Ecoマネシステムモニターを西側のふかし壁ニッチの中へ(※ニッチ:H=700mm×W=360mm×D=300mm)⇒(奥行きを上半分350mmは30mm・下半分350mmは300mmに変更)これは、『300mmも奥に行ったところに各リモコンが付くと見にくくなりませんか?』とEさんのアドバイスでリモコン部を取り付けるニッチはだいたい取付後に壁とツライチになる30mmに変更しました。良く考えると確かに見にくいですね。下には電話を置く予定ですので、そのままの300mmで大丈夫です。

ダイニング連動換気

ダイニング連動換気


パワコン位置

パワコン位置


自立コンセント

自立コンセント


ニッチ

ニッチ

<◆キッチン
1.キッチンレンジフード排気北側へ(当初西側へまっすぐ出す予定でしたが途中ユニットの上を曲がり北側・裏へ出すことに。脂汚れが見えないようにするため。本当はまっすぐ抜いたほうが排気の抜けはいいですが・・・壁がオフホワイトのため万が一汚れた場合裏の方が目だたい為です。)
◆洗面所サニタリー・浴室
1. 洗濯機用水洗H=1200㎜⇒H=1300㎜へ変更(1200㎜では低い感じのため)これもEさんの経験上10cm上げた方が後々、絶対イイというアドバイスを元にそうしました。
洗濯機水栓

洗濯機水栓高さ

◆トイレ
1. ペーパーホルダーH=700㎜⇒H=800㎜へ(低いと便器に座った時に使いにくいため)
2. L字バー、タオルバー高さ・位置変更なし
1Fトイレペーパーホルダー

1Fペーパーホルダー高さ

◆教室
1. 冷蔵庫用コンセントH=250㎜になっているので上部へ変更
2. 床暖リモコンは東側壁へ(照明スイッチと同じ高さに合わせて取り付け)
教室床暖リモコン

教室床暖リモコン位置

◆中庭照明
1階教室東外部の壁付け照明の位置を2連サッシの中央から2連サッシの左側へ変更 (外側から見て) 。
中庭照明

中庭照明位置

2F・確認変更箇所

◆トイレ
1.ペーパーホルダーをH=700㎜⇒750㎜へ(低いと使いにくいため)
2Fトイレペーパーホルダー

2Fトイレペーパーホルダー位置

<◆ホール/dt>

1.トイレ入り口横のコンセントをTV/Lに変更(チアダンス練習用に用に)
2Fホールコンセント

2Fホールコンセント

◆書斎・ワークルーム
1.全館空調吹き出し口を東側へ変更(直接、風が当たらないようにするため)
◆寝室・クローゼット
変更なし

電気・テレビアンテナ・その他について

電気契約アンペアは60A(※60A⇒70Aに変更時は費用がかかる)ワタゾー家は主要熱源はガスが多いので60Aで大丈夫だと思います。オール電化住宅でもないので。70Aにするときは工事が必要になります。

TVアンテナはこの地区の受信状況などを確認して、後日最適な設置方法をEさんと打合せ。

他、外回りの水栓の位置や外部コンセントの位置など確認して終了しました。ワタゾーは一通りメモをとり本日の打合せ内容をワードにてまとめました。

いろいろとすべて契約後から着工前までに72時間・間取り・内装・コンセント・照明の位置など十分打合せをしてきたつもりでした。実際に建物が建ち始めると図面上でなく、実寸での打合せになるので高さ・広さ・大きさなどが現実的になり、上棟打合せの意味合いは大きいですね。

変更点がある場合は遠慮なく言った方がいいですね。怒られませんし、いろいろとアドバイスしてくれますので。各業界のスペシャリストが一同に集結するので『こうした方がいい』『この方が収まりが良くキレイに仕上がる』と各業者さんが連携してくれるので頼もしいです。

三井ホームさんの現場はある程度決まった職人さんが入るのでみなさんお互いをよく知っているので仕事がしやすい雰囲気です。仲がとてもいいですね。ワタゾーもいつもいろいろと質問しまくっています。

無事に上棟打合せも終了し、いよいよ上棟式・投げ餅の準備です。

記事内容がご参考になりましたら応援をお願いします。↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

一戸建て ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>