投げ餅の準備

平成24年10月13日(土)今日は待ちに待った上棟式と餅まきです。天気も良く気持ちの良い朝です。朝食を済ませ、息子と静岡県掛川市横須賀の松葉米穀店さんまで餅を取りに向かいます。

午前7:30に家族4人でワタゾーの実家へ行きおじいちゃんとおばあちゃんにお線香をあげてから出発。ここは男同士で。女性は餅まきは出来ませんので・・・娘はかなり怒っていましたが。ゴメンナサイね。

赤飯準備

赤飯準備

女性陣はワタゾーの実家で業者さんに配る赤飯をふかし、タッパに入れる作業を行います。ワタゾーの母・妻の母・義理のお姉さんと妻と娘たち・総監督で父親です。20人分用意するので2回に分けて赤飯をふかします。その間にお餅を取りに行ってきます。予想では片道1時間半で11時過ぎには戻ってくる予定です。

ではなぜ、そんな遠くまで行くのか・・地元ではないのか?

◆理由
1.地元では頼むと高すぎる。
2.浜松方面は餅まきが盛んで安い。
3.当日作ってくれるので夕方くらいまで柔らかい。
投げ餅3,000個の領収書

投げ餅3,000個の領収書

地元で2軒電話で問い合わせましたが1,500個(税込)で94,500円と84,000円でした。松葉米穀店さんは、1,500個で33,600円(税込)です。半値以下でしかも当日つきたての物を用意してくれます。ただし、取りに買ないといけません。交通費やガソリン代を入れても断然安いです。最初は1,500個のつもりでしたが、先月29日に見学させていただき急遽3,000個にしました。ですので67,200円(税込)です。親餅・四方餅込です。

また、何軒か浜松方面のお店にも問い合わせしましたが、松葉米穀さんが一番親身になって対応してくれて、『一番お餅こだわりを持っていたのが決め手です!』

『当日の朝ついた、柔らかい餅を使って欲しい』というのです。ワタゾーも妻も、せっかく足を運んでくれた方においしいお餅を食べてもらいたいと思っていました。これも決めてでした。

松葉米穀店

掛川市・松葉米穀店さん

少し迷子になりましたが9時過ぎに無事到着。今日はこの地区でお祭りもありそこでも餅投げがあるそうで店舗前にはずらり箱が並んでおりました。すでにワタゾー家の物は用意してくれてありました。エスティマの荷台がいっぱいになりました。まだ、ダンボールは暖かく、息子と一つづつ食べたいくらい柔らかかったです。ここは我慢。

比較

大きさ比較

11時過ぎに無事に実家へ帰宅。そのころには赤飯も無事に詰め終わっておりました。親餅と四方餅(5つで1俵紅白の100個分)と紅白の餅です。こうしてなら目て見ると大きさも厚みも全然違いますね。

ご祝儀

ご祝儀

忘れないうちにご祝儀を裏へサランラップで撒いて入れました。金額は親が5,000円四方が各1,000円合計6,000円です。

祝い餅

祝い餅

赤い祝いの入った紅白のかわいいお餅たちです。と言っている暇はありません。14:00より上棟打合せがありますので。長引くともう10月すぐに暗くなりますので、もろばこへ昨日用意したお菓子と移動です。

もろばこ

もろばこへ移動

こんな感じで約40箱作りました。このままトラックで新築現場の1Fリビングの涼しいところへ置いてきました。

弓矢

合図の弓矢

大工さんのOさんが竹で弓矢を作ってくれました。この地域では『弓矢が立てば餅まきの合図』という習慣があります。しかし、久しくやっていないのと他の地区から来た人もいるのでどうですかね。

準備は整いました!これから上棟打合せです。その前に、皆ガマン出来なくて松葉米穀さんのお餅を御昼に砂糖醤油でいただきました。久しぶりにつきたてを食べたのでホントおいしかったです。皆さま一足お先に失礼しました・・・

いつも応援ありがとうございます。あたなのワン・クリックが更新の励みになります。↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

一戸建て ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>