地震保険は1年更新で

本日は地震保険についてです。当初、三井住友海上火災保険(株)の5年更新にしようとしましたが、1年更新にしました。

◆その理由は
1.2012年4月をめどに地震保険料率が15%~30%上がる方針(2012年10月24日朝日新聞が発表)
◆料率アップ方針の理由は?
1.2011年3月11日の東日本大震災で2012年5月31日現在の支払い総額は1兆2345億円になります。
2. 東日本大震災前は準備金が約2兆3000億円あった
3. 震災後の保険金支払いで準備金を1兆円取り崩した。
4. 企業向けは民間保険ですが一般住宅は政府と損保会社が共同で運営する公的な保険。
5. 財務省が地震保険制度の見直し作業を進めてけんとうし、2012年10月24日に朝日新聞にて2014年4月より15%~30%の料率アップ方針。
三井住友パンフレット

三井住友火災保険・地震保険のパンフレット

◆ワタゾー家ではどのくらい変わるか?
※1年更新の金額(三井住友海上火災保険の見積もり・建物+家財)をベースに計算しています。
1.現時点で1年更新と5年更新では1年間に5年更新の方が2,432円お得です。
2.仮に15%上がるとした場合1年間で3,363円アップします。
3.上記から3,363円-2,432円=931円で15%上がる場合は今から5年更新の方が1,501円お得となります。2,432円-931円=1,501円
4.仮に30%上がる場合は1年間で6,726円アップします。
5.上記から、6,726円-2,432円=4,294円で30%上がる場合は、1年更新で来年5年更新の方がお得と言うことになります。

極端な比較かもしれませんがこんな感じです。現実的な話、様子見というところです。今のところ地震保険料率が15%アップしたとしても驚くほどの金額アップではないので。

あれだけの大震災でしたので地震保険の適用も緩和されていたので財源が少なくなるのも仕方ないのでしょうね。賛否両論はあると思いますが。こんな経緯です。

いろいろ聞きましたが『静岡・神奈川・東京は』特に高いらしいです・・・料率の少ない地区と比べると凄い違いですね・・・ここは次のページにて詳しく解説いたします。

耐震等級3級割引

割引適用情報

◆三井ホーム・ワタゾー家の場合
1.耐震等級3級で30%割引。
2.省令準耐火でイ構造で木造ですが安い料率になる。
3.地震保険は時価評価です。
4.ご存知の方も多いかと思いますが火災保険の建物・家財の半額しかかけれません。

と言うような感じです。

注意事項

『不利益になる事項を確認』

書面にも書いてありますが『不利益になる事項など』はあらかじめ確認しておきましょう。わからないことはドンドン担当者に質問しましょう!

ワタゾーもどうやって金額が決まるのか自分で調べてみました。次のページにまとめてあります!

いつも応援ありがとうございます。あたなのワン・クリックが更新の励みになります。↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

一戸建て ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>