火災保険の見積もり検討

11月中旬ころから火災保険をネットでいろいろと比較検討していました。しかし火災保険の事を詳しくないので疑問がたくさん。そんな時11月26日(月)営業のONさんから『三井ホームリンケージを紹介させていただいてもよろしいでしょうか?』という電話もあり、見積もりをお願い致しました。実は前にもお話を頂いていたのですがすっかり忘れていたワタゾー・・・反省です。

三井ホームリンケージ

三井ホームリンケージより

翌日11月10日(土)に速達で届きました。実に手際がイイですね。早速中身を見てみると。

2つのプラン

2つのプラン

次の大きく分けて2つのプランがあります。

◆専用住宅
1.建物用途:住宅
2.所在地:静岡県
3.保険種類:GK住まいの保険(スーパーロング/6つの補償プラン)
4.構造:T構造(省令準耐火)
5.家財700万円・免責各1万円です。
◆併用住宅
1.建築用途:一般
2.所在地:静岡県
3.保険種類:GK住まいの保険(スーパーロング/6つの補償プラン)
4.構造:2級(省令準耐火)
5.家財700万円・免責各1万円です。

というプランでそれぞれ三井住友海上保険のGKスーパーロング(6年以上)で6つ・5つ・4つの補償計6プランを出してくれました。

一般的な新築戸建て住宅では◆専用住宅で大丈夫です。しかし今回ワタゾー家では妻が『シュガークラフト教室を行いガスオーブン使用や単独キッチンがあります。火災が起きやすい。』と言うことがあり◆併用住宅の見積もりも出していただきました。

レストランや総菜屋さん・お弁当屋さん・喫茶店カフェでしたら考えますがシュガークラフト教室でクッキーを家庭用オーブンで焼くだけですのでそこまでの手厚い補償はいらないかと。また、ミニキッチンもお湯を沸かす程度です。(保健所の許可をとるために必要なため)なので◆専用住宅で検討することにしました。費用もかなり違いますので

◆専用と併用で金額比較してみますと
・6つの補償の場合:建物719,160円
・5つの補償の場合:建物729,050円
・4つの補償の場合:建物818,100円
併用の方が割高どころか2件分の火災保険に入れすな感じです。
※家財は金額は変わりません。

というのが本音の回答です。※専用で申し込んで仮にワタゾー家で火災があり全焼した場合などは併用と専用の火災保険金額の差異を支払えば保険は支払えるそうです。(12月8日(土)電話にて確認済み)

割引適用

割引適応率

三井ホームで新築したので初回に限り住宅購入者割引で10%が適用されます。ですから36年間一括で支払い可能でしたらかなりお得ですね。

金額算出根拠

金額算出根拠

このような算出根拠も一覧にして送ってきます。今更ながらこう見るとかなりオプションが多いですね・・・

GKすまいの保険

GKすまいの保険

パンフレット一覧です。GKすまいの保険・家財・三井ホームで新築した人お得情報の3点です。あと撮り忘れましたが地震関係の資料も同封されていました。

補償内容

補償内容一覧

ここに各プランの補償内容について詳しく書かれています。この辺はどの損保会社もほぼ同じですね。免責金額が違うくらいかなと言う感じです。

自動セット特約

自動セット特約

契約すると自動的にセットされる特約です。

1.事故時諸費用特約(セットしないことも可):事故の際に必要となる諸経費を補償してくれる。

2.地震火災費用特約(必ずセットされる):地震等を原因とする火災で損害が一定割合異常となった場合に補償してくれる。

3.バルコニー等修繕費用特約(マンションなどは必ずセット):建物の補償対象となる自己によりバルコニーの修繕費を補償するもの。ワタゾー家にはバルコニーがないのでこの特約はついてません・・・

オプション特約

オプション特約

オプション特約でここは失火見舞費用特約が付いています。これは火災、破裂または爆発事故で、隣家に損害が生じた時に支払った見舞金の費用を補償するものです。これは万が一の時に必要ですね。

暮らしのQQ隊

便利なサービス

暮らしのQQ隊

これは6つ・5つの補償と4つ+破損汚損プラン限定のサービスです。なかなか便利なものですね。ワタゾー鍵をなくしやすいので妻は『これ必要じゃない?』とか言い出しましたが。

専用住宅まではスムーズに決まりましたが下記の件が決まりません。

◆迷っている点
1.どこまの補償にするか?
2. 家財はつけるか?
3.地震はどうするか?
4.建物評価額を満額でなく下げるか?
5.免責金額を上げて保険料を安くするか?

などなどやはり、素人がネットで比較するよりはどこか1社見積もりをもらって解らないことがあれば電話やメールで質問して行くのが早いなと感じました。ちなみに現時点での専用住宅の金額比較です。

◆建物+家財700万円で比較(4つの補償を0とした場合)
・6つの補償の場合:建物+272,050円・家財+46,800円・計+318,850円
・5つの補償の場合:建物+179,050円・家財+46,800円・計+225,850円

かなりの金額差になりますね。要は水災と破損汚損をどうするか?立地条件や今までの災害歴史・地震などを考慮して必要な保証でどれだけ安くできるかを考えます。数点、疑問点がでたのでメールにて質問してみました。続きは長くなりましたので、次のページにて紹介いたします。

記事内容がご参考になりましたら応援をお願いします。↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

一戸建て ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

火災保険の見積もり検討” への2件のコメント

  1. こんにちは!
    我が家にも来ましたよ同じものが^^
    ワタゾーさんの仰るように比較するものがあると理解度も増しますよね。
    まだじっくり読めてないのですが…一括で支払うと、例えば2000万の保障だとすると“期間中のいつでも2000万”となるんですかね?
    家の価値自体は年々落ちて行く訳だから、それに見合った額となるのがフツーかなって?
    ってワタゾーさんに聞くな!ですよね。すみませんm(_ _)m
    本当にお得なのか、一度確認してみようと思っています。

  2. pontaさん こんにちは!
    補償内容など解らないことばかりでした。
    三井住友海上の火災保険なら、加入後、何年経過しても時価ではなくて、新築時相当を基準に支払いして頂けるということです。
    担当者にも確認しました。
    現在はどこの損保会社もこの方針らしいですが確認はした方がイイですよね。
    私は簡単な質問は電話で、難しい質問はメールでしました。何回も見直せるので。
    疑問点は三井ホームリンケージに質問しまくってください^^三井ホームで新築してるので、とても丁寧に教えてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>