三井ホームの新しい工法『制振バー』

1Fの天井工事についてご紹介します。三井ホームが『制振バー』を使った遮音工法です。工事監督のEさんや安信ホームのSさんが『ワタゾーさん宅で2軒目です。』というように最近の工法です。2月とかの構造見学では下記の遮音対策でした。

吊天井

吊天井

◆天井の遮音対策
1.フローリングの下に高比重遮音マットを敷く
2.15mmの構造用合板を張る
3.2F床根太Iジョイスト設置
4.55mm(5.5cm)のロックウール断熱材を敷く
5.鋼製天井根太を設置
6.石膏ボード9.5mmを2枚使用
7.鋼製天井根太を入れることにより2F床根太と石膏ボードを絶縁して音を遮断していました。
8.※画像はカタログから抜粋

上記でも十分効果はあるとは思いました。いわゆる『吊天井』と言うものです。これが更に進化したのが『制振バー』を使用した次の工法です。ここからは実写です。

目印

目印

制振バーを入れるところをテープみたいなもので目印をつけます。

制振バー

制振バー

これが実際の制振バーです。電気の照明位置と重なるので先に配線と一緒に逃げています。

天井石膏ボード

1.9cmの2枚重ねの天井の石膏ボード

ここに石膏ボードを2枚重ねて貼り付けます。まとめますと。

◆制振バー工法
1.フローリングを張る
2.構造用合板24mm(2.4cm)を張る。
3.2F床根太Iジョイスト設置
4.断熱材ロックウール55mmを敷く
5.制振バーをIジョイストに設置する
6.9.5mmの石膏ボード2枚を張りつける
◆変更点
・高比重遮音マットをやめて合板を24mmに変更
・鋼製天井根太から制振バーにすることでより一層の歩行振動などを軽減できる

まとめると以上です。見ていて24mmの構造用合板は厚く、大工さんのOさんはじめ工事監督Eさん、安信ホームのSさんも『これはいいですよ!』と太鼓判を押してくれていました。長年三井ホーム専属でやってくれている大工さん・ビルダーさん・工事監督さんに言われると説得力がありますね。

これから新築される方はこの工法です。注目して現場を見ていてくださいね。

階段もしっかりしています

遮音繋がりと言うことで階段の施工もご紹介。

踏み台

踏み台

踏み台です。2枚板が重なっています。

階段完成

階段構造完成

一気に飛びますがケーシングして石膏ボードを張った状態です。1段1段の踏み板の厚さは約37mm厚いですね。この状態でも、きしみがありません。

階段完成

お化粧した階段

クロスとじゅうたんを張った完成状態です。2F側より撮影。予想以上にじゅうたんは暖かいですね。遮音性も高いです。満足^^大工さんがしっかり細かいところまで作り込んでくれるので階段も静かで安全です。ホント感謝です。

階段をカーペットに

妻がIさんに『階段をカーペットにすると変ですか?』と言う質問。

◆回答デメリット
1. 木材と違い、経年劣化による色褪せ・中央部(足の踏み場)だけ変色が早いかもしれません。
2. 気になるようですと10年・15年に一度貼り替え・メンテナンスが必要になります。
◆メリット
1. コスト的にはMシリーズのカーペットでしたら変わりません。
2.張り替えの時は今度は色を変えられる。インテリアを楽しめます。
3.フローリングに比べ遮音性があり暖かいです。

という回答です。ちなみに展示場などでは早いところで6年に1階は張り替えるそうです。一般住宅では頻繁に貼り替えはないようです。後は施主次第ということですね。と言うことで木材とカーペットを見てみました。

もともと妻は『2階はシュシュ風の内装・インテリアにしたい』と言っていましたのでじゅうたんにしました。ワタゾー的には音が静かなのがすごくいいなと言う理由です。

では実際に仕上がり具合を見てみて、登ってみて『暖房も何も入れてませんが足が冷たくありません!』娘もフワフワ感がたいそうお気に入りのようです。当然妻はもう自己満足の世界です・・・

メンテをとるかインテリア・遮音・暖かみを取るかでフローリングかじゅうたんかに決まると思います。これから打合せの方はコーディーネーターさんと良く打合せをしてみてください。皆さんのライフスタイルによっても変わるかもしれません。

ワタゾー的には『じゅうたん』オススメです。

いつも応援ありがとうございます。あたなのワン・クリックが更新の励みになります。↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

一戸建て ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

三井ホームの新しい工法『制振バー』” への2件のコメント

  1. こんにちは。
    制振バーって言うんですね(笑)
    うちにも付いてた気がします。
    技術の進歩は目覚ましいですね!
    そろそろ我が家の内壁も覆われ、中の断熱材とかは見納めのようです^^

    • pontaさん、こんにちは。
      三井ホームさんも日々工法や材料など進化しているようです。
      その度に大工さん達も大変そうです。
      これから、大工さんの細かい作業開始と言う段階ですね。
      楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>