サッシ周り取付前の防水処理

サッシが昨日搬入され、大工さんのOさんが本日取付前の防水処理を行っておりました。

2重の防水対策

2重の防水対策

Mルーフィングみたいなものを先に窓枠まわりに貼っています。それから下の隅のところにゴムテープみたいなものでガッチリ貼っています。弾力性があり伸びるテープですね。

水切りシートと防水テープ

水切りシートと防水シート

正体はこの2つです。ワタゾーMルーフィングと思っていたら、窓枠周りに貼るのは『水切りテープ』といものです。両面テープになっていて表面を剥がせる様になっております。後々そこにVFフェルトを貼っていく。(※あまり広い範囲で水切りテープを貼ってしまうとVFフェルトの設置面積が少なくなるので注意!なぜなら通気性に問題が出てくるので!)

黒い小さいテープは『防水テープ』伸縮性が非常にあります。現在の雨漏りは、ほとんどがサッシ周りが多いそうです。三井ホームではここを両面水切りテープと伸縮性防水テープに最後はコーキング仕上げで雨漏れ対策は万全にするそうです。この作業をサッシ取付前に下部分だけ入念にやります。

近接の窓部

近接の窓部

VAT-0613縦すべり出しなどが並ぶところはこんな感じで貼っていきます。

3連Fix部

3連Fix部

これはタワー部分の大きな3連Fixのところです。Mルーフィングの上に重なるように水切りシート&防水テープです。

ジョイント部

ジョイント部

このような1Fと2Fや木材のジョイント部分は片面接着テープで隙間をなくします。これも防止性能があります。三井ホームは細かい作業がホントに多いです。

大工さんのOさん兄弟も言っておりましたが『みんな三井ホームの仕事をやりたがらない』と言っていました。理由は『めんどくさい作業が多いから・・・』と言ってました。教えても1週間で来なくなったりしてしまうらしいです。この辺の地区はほとんど安信ホームのさんのOさん兄弟が建てるそうです。資材や工法も順次新しくなっていくので大変なこともあるそうです。しかし、現場に入る職人さんがほぼ同じですので完全な『チーム三井』の職人さんの集団です。慣れているので安心ということもありますね。見ていてホントに細かい作業が多いです。これから中の造作工事とかも大変そうです・・・明日はサッシ取付です。

いつも応援ありがとうございます。あたなのワン・クリックが更新の励みになります。↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

一戸建て ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>