サッシ搬入

平成24年10月15日(月)無事に上棟式・投げ餅も無事に終わりました。たくさんの人が来ていただき、喜んでくれてワタゾーはじめ家族全員喜んでいました。一生に一度の良い記念になりました。皆さんに感謝です。ありがとうございました。本日より作業再開です。現場に行くとかなりの大きなものが搬入されていました。

VSHK-1621

VSHK-1621

VSHK-1621のシャッター付きサッシです。まじかで見ると大きいですね。この家で一番大きなサイズかと思います。リビング・ダイニング(中庭側)・和室につくタイプです。

VAT-0613

VAT-0613

一番多く用いるVAT-0613縦すべり出しです。ほど2Fで使われています。

VAT-0718

VAT-0718

2Fはホール用の下が開かない大きめのタイプ・VAT-0718です。バルコニーがここに着く予定でしたが中止にしたため、はき出しにすると、そのまま落下する危険性大ですのでVATに変更しました。ぼやけていてすみません。

和室用白木

和室用白木

和室用です。ここだけ周りが白木になっております。

KVAD-0413ダブルハング

KVAD-0413ダブルハング

プチリュクス用の格子状のものです。KVAD-0413ダブルハングタイプで上下に開きます。

これらすべて大工さんが取り付けるそうです。大きいものは重たいので大変ですね。こういう時、兄弟で2人だといいですね。

三井ホームの大工さんは大変なんです!

大工さんのOさん『ここからが大変なんですよ!』とさらに『三井ホームさんは現場での直接施工が多いんです。』ということです。

先週の4日間で行った建て方はいわば概略でここから注文住宅らしく中を大工さんが作り込んでいくのです。木材を1本1本寸法を測って刻み組み立てていくんですね。

R壁

R壁部分

三井ホーム得意のR壁これもすべて現場作業で作っていきます。細かく木材を刻んでいきR形状にしていきます。かなり手間がかかってました。

曲線

こんな曲線

最終的に合板をこれまた細かく切ってくれて貼り合わせて完成です。木材なので多少の角は残りますがこの上にフローラスという金具を貼り2cmの厚さで弾性モルタルを塗ります。この時にキレイに曲線部をだします。最後に5mmほどの吹き吹け塗装をして仕上げるらしいです。

いつも応援ありがとうございます。あたなのワン・クリックが更新の励みになります。↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

一戸建て ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>