建て方開始・BS通気スペーサー・土台工事

平成24年10月2日(火)今日からいよいよ本格的に建て方開始です。13日(土)が上棟式・餅投げですのでそれまでにDSパネルも載ってしまうらしいです。朝一番でワタゾー家を担当してくれる大工さんOさん兄弟とご挨拶。この地域でずっと三井ホームの建て方工事をやっている大工さんです。工法など細かいところまで熟知されている方です。頼もしいですね。

構造材搬入

構造材搬入

本日の朝、現場に土台・床の木材が大量に搬入されました。F☆☆☆☆(エフ・フォースター)の文字が強調されていますね。現在はどこのハウスメーカーさんや工務店さんもホルムアルデヒド対策で木材もF☆☆☆☆を標準採用しています。(※接着剤や塗料、壁紙なども)

欧州・赤松

欧州・赤松

土台の使用木材
1.品名:同一等級構成集成材
2.強度等級:E105-F300
3.品質:2種
4.:接着性能:使用環境(Exp)A
5.樹種名:オウシュウ・アカマツ
6.寸法:90㎜×90㎜×3550㎜
7.ホルムアルデヒト放散量:F☆☆☆☆
8.製造者:ケイテレ・エンジ二アード・ウッド株式会社

JAS規格の構造用集成材です。フィンランドの会社ですね。ワタゾーにはこれがどれくらいの品質の木材かは正直解りません・・・

BS土台スペーサー

BS土台スペーサー

基礎のすぐ上に置くBS土台スペーサーです。予想以上に大きく、しかも硬いです。

通気口

通気口

横から見てみるとこんな感じです。通気が基礎全体にまんべんなく出来そうですね。

土台固定

土台固定

実際に施工した後のBS土台スペーサーです。横から覗いて見ると、確かに向こうが見えますね。これなら通気バッチリですね。

ザイエンス防腐・防蟻処理構造用集成材

ザイエンス防腐・防蟻処理構造用集成材

ザイエンス防腐・防蟻処理構造用集成材です。ホッチキスの針を打ったような小さな穴は防腐・防蟻処理を中までしっかり浸透するためのものだそうです。防湿・防蟻シートやフルベース一体型基礎で下からの白アリ対策は万全では?と思いますよね。ではなぜ・・・

ここは水切り板でBSスペーサーを囲いますが、外から侵入出来るスペースです。なぜなら『風が通る=隙間がある』ということですから。木材もしっかり防腐・防蟻処理をしっかり行っております。

アンカーボルトとホールダウン

アンカーボルトとホールダウン

基礎と土台構造材を赤枠のアンカーボルトでガッチリ固定します。青枠はホールダウン(地震や台風などの時に柱が土台から抜けるのを防ぐ金具)の接続用に使用する金具です。

サンブレザーPW96

サンブレザーPW96

ガッチリ固定した金具の周りもしっかりと防腐・防蟻剤を添付します。

鋼製束

鋼製束

床を支える鋼製束も等間隔でかなりの数が入っています。ビス4

土台工事完了

10月2日・土台工事完了

今日1日でBSスペーサーと土台設置工事は完了しました。2人とはいえ寸法などは実際に現場で合わせるので大変なはずなのに。さすが兄弟というところですか息がぴったりなのですね。明日は床材を貼ります。天気が怪しいですが雨が降らないように祈るだけです。

記事内容がご参考になりましたら応援をお願いします。↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

一戸建て ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>